サイトマップお問い合わせ







●新卒採用(2017年3月卒業予定)


●キャリア採用






成長に必要な仕組みやツール、つまり人が育つ環境を用意することはできますが、実際にやるのは本人です。そのことをまず理解してください。何のために学ぶのか、何のために自己を啓発するのかを自分なりに考えていただき、それを実行する。会社はそれをできるだけ支援するだけにすぎない……そうした理念のもとで人が育つ環境づくりを進めています。

一人の社会人であることが求められますから、まず社会的なマナーやルールをきちんと身につけていただきます。社内研修のほか、先輩社員の言動も重要な“教材”になります。

入社後、Java言語をメインにスクール事業部の講師陣達が中心となり、2〜3ヵ月間の本格的なプログラミング研修を行います。その後、約1ヵ月をかけて「レンタルビデオショップのシステム開発」をテーマにシステムの擬似開発をおこないます。プログラム技術だけでなくシステム構築のやり方が実践的に学べます。

現場での仕事体験を通じての研修です。必ず先輩社員がつき、そのもとで実際の仕事を経験することでスキルを高め、知識を増やしていきます。

本社での勉強会も頻繁におこなわれます。アルゴリズムやJava、C言語など専門性の高いテーマについて、深く学びます。

外部セミナーへの参加も奨励されています。ビジネスマナーやロジカル・シンキングといったヒューマンスキルに関するセミナーも用意されています。

入社すると全員がそれぞれの「評価査定シート」を持つことになります。一般、リーダー、マネージャー、シニアマネージャーごとに、どんな技術、能力が求められるのかを明記したもので、これをもとに自分は何を伸ばせばいいのか、何を学ぶべきかが一目でわかります。会社の期待と自分の能力との差を明確にすることで、本人の成長を助けます。